東京23区少年野球連盟公式サイト

ごあいさつ

東京23区少年野球連盟
理事長 遠山 雅則

第34回東京ヤクルトスワローズカップ争奪「東京23区少年軟式野球大会」開催にあたり、ご後援団体様、各支部役員の皆様、多くの関係者の皆様の絶大なるご協力、ご支援に心より御礼申しあげます。

本大会は、学童高学年の部、低学年の部、中学生の三部が、一つの大会の中で、それぞれの頂点を目指すめずらしい大会です。

選手の皆さんには、今まで積み重ねてきたものを、思い切り発揮して、多くの野球仲間と交流しながら、お互いの良いところを、みとめあって、親睦を深めて頂きたいと思います。

一人一人の心にのこる大会になりますよう、役員一同心より願っています。

東京ヤクルトスワローズ
選手会長 川端 慎吾

皆さん、こんにちは。東京ヤクルトスワローズの川端慎吾です。

今年も「東京ヤクルトスワローズカップ争奪第34回東京23区少年軟式野球大会」の後援をさせていただくことになりました。今年もこの大会が実施されると聞き、非常に嬉しく思います。

私は少年野球で野球の楽しさに出会い、もっとうまくなりたいと、毎日バットを振り続けたからこそ、今の自分があると思います。ひたむきに頑張れば、必ず結果はついてきます。みんなも、将来の夢や目標に向かって頑張って下さい。そして野球を今以上に大好きになって下さい。

勝負の世界ですから、勝利を目指すのはもちろんですが、この大会を通じて、あるいは「野球」というスポーツを通じて、野球技術の向上はもちろんのこと、「マナーや礼儀」、「相手を思いやる気持ち」、「感謝の気持ち」、「最後まで諦めない気持ち」等を学ぶことで人間性の向上にもぜひつなげていただければと思います。

この素晴らしい環境で野球ができる事に感謝して、思う存分野球を楽しんで下さい。

そして、この大会に参加している選手の中から将来のプロ野球選手が育つことを心より期待しています。

▲ページ先頭へ

東京ヤクルトスワローズ